オンラインストレージでファイル共有ができる|システム紹介サイト

PC

物理トラブルによる対策

働く男性

大切なデータをバックアップするというのは、仕事では基本中の基本です。バックアップを取っておけば、トラブルが起きて1つのデータを失った場合でも、複製のデータがあればそれを再度使用することができます。ハードディスクやUSBなどにバックアップを取っているという業者も多いですが、それではどんどんファイルが増えていくので、保管場所に困ってしまいます。また、災害などが起きたときは、それらも全て故障すると意味がなくなってしまうのです。そこで活用できるのが、クラウドです。クラウドとは、データをインターネット上で保存できるサービスのことです。このサービスなら、サーバー側で処理を行なうので、ファイルが増えてもパソコンに負担がかからないですし、容量も増えません。また、災害が起きてパソコンやハードディスクなどが壊れた場合でも、データはずっとインターネット上に残っているので安心感があるのです。

クラウドでバックアップすることで、コスト削減にも繋がります。従来のバックアップ方法だと、ハードディスクやコンパクトディスクなどの機器が必要になるので、初期費用やランニングコストがかかってしまいます。しかし、クラウドのバックアップの場合は、簡単に導入することができて事業者側が運用してくれるので費用削減に繋がるのです。クラウドに難しいイメージを持っている方も多いですが、とても利便性が高いので有効活用したほうが良いです。震災や火災などが起きてしまうと、バックアップを取っていたとしても機器が壊れてしまうので、データ紛失の可能性が高くなります。しかし、クラウドを利用していれば、物理的なトラブルが起きた場合でも、データを失うことも予防できるのです。